2012年07月03日

独裁者の最強演説術

本名:独裁者の最強スピーチ術
著者:川上 徹也
初版:2012年4月25日
発行:株式会社星海社

 ヒトラーと橋下氏の演説(スピーチ)をとりあげ、なぜその演説が人々の心をひきつけたかが
書かれています。著者は橋下氏の演説に危険を感じていますが、期待していると書いています。
本書を読むと、日本に気づかれていない独裁者がいることがわかります。

 ナチス支持者以外の国民の多くは、首相がコロコロと替わる政治体制が日常茶飯事になって
いたため、ヒトラー首相就任の意味を重大に考えていなかった。P43

 ヒトラー首相就任後はじめての施政演説は、柔らかな口調で穏便的な政策を語った。また
大統領に対しては最大級の賛辞を送り、へりくだることも忘れなかった。P43

 全権委任法案を提出した時のヒトラーの演説は、びっくりするくらいの低姿勢だった。P47

 ヒトラーは大衆を愚鈍だと考え、だからこそ同じフレーズを何回も何回も繰り返し語る
必要があると考えていたのだ。P52

 人の心を動かす演説(スピーチ)の「ストーリーの黄金律」がある P58他
1.何かが欠落した、もしくは欠落させられた主人公が、
2.なんとしてもやりとげようとする遠く険しい目標・ゴールをめざし
3.数多くの障害・葛藤・敵対するものに立ち向かっていく。

 ヒトラーの演説の特徴に「あまり具体的な政策を語らない」ということがある。P75

 極端な二者択一の手法は、多くの政治家が世論誘導に使う手法だ。P93

 独裁者になるためのスピーチ術10ヶ条 P105他
  <−9.強い権力者にはへつらい媚びよ、用がなくなったら捨てよ

 国の政策や経済がすべてうまくいっている時は、独裁者は出現しない。P114

 大衆は弱い権力には常に反抗しようとするが、強い権力には卑屈に屈服する。P136

 橋下は、「大阪の凋落ぶりは本当に情けない限り。目を覆いたくなるばかり」と徹底的に
おとしめる。P190 <−この時点で橋下は大阪府知事を2年つとめている。

 野田が民主党代表戦の最終演説で、自らの生い立ちと国のストーリーを交錯させ、それを
巧みに民主党の政策と関連づけた。「ストーリーの黄金律」を強く意識したもので、
人の感動のツボを押す演説となった。P216

 橋下徹流 人をとりこむスピーチ術10カ条 P225

 単に耳触りのいい言葉だけに惑わされずに、常に「その政治家がもっているストーリーは
何なのか」を考えておく習慣をもちたいものだ。P246
 #民死党に残る者・去っていく者・マニフェスト違反といいながら助長させる政党
posted by 凍死家 at 23:00| Comment(0) | 読書−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

友だちいないは恥か(6/22 一字訂正)

本名:「友だちいない」は”恥ずかしい”のか
著者:武長 脩行
初版:2012年3月15日
発行:株式会社平凡社(新書633)

 子供時代、ひとり遊びをしていても、遊ばせることが大切と書いていました。
逆にひとりで遊べないと集中力がないなどの問題が大きくなるとでてきます。

 ひとりになることで、なぜコミュニケーション能力を磨くことができるのか。それは、
いちばん近しい”友達”との会話を積み重ねていけることになるからです。P54

(*)訂正箇所
 他者とのコミュニケーションがうまくいかない若者には、自信がない人と自己肥大
している人の二つのタイプがあるということがわかります。P56
 <ー自己肥大とは、自分は偉いんだと思う込んでしまうことで、高レベル大学が特徴。

 人とのコミュニケーションや人間関係に悩み、落ち込んでいるときには、その人に
「ひとりになることは弱みではなくて、むしろ強みなんだよ」といってあげる。P62

 人生の成功者になる人は「粘り強く、我慢強い人が成功する」研究レポートがある。P66

 超コミュニケーション社会のいちばんの大きな問題は、協調することが何よりも
いいことだ、とする圧力です。P68

 長野サリン事件被害者の河野さんは「ひとりでもいい、自分を本当に理解してくれている
人がいれば、周りがみんな敵だとしても、人間は孤立しないんです。孤立しない限り、
闘えるんですよ」P97

 ストレスマネジメントは、スパイス・セルフチェック・セルフコントロール。P115

 リスクは「危険」というより未来に対する「不確実性」と、とらえたほうがいいのです。P116
posted by 凍死家 at 23:00| Comment(0) | 読書−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

ぎん言

本名:ぎん言
取材・文:綾野 まさる
初版:2012年4月29日
発行:株式会社小学館

 ぎんさんの4姉妹に取材したことや、ぎんさん生存時の取材を元に構成されています。
ちなみに次女は3歳で亡くなりました。ぎんさんは国会中継がつまらないドラマより
面白いと言って、テレビ画面の総理の頭をたたいたり、(省略)

 夫婦はにゃあ、カカア天下がいちばんだよ。亭主関白の家庭に福は宿らん。P83

 <<いいきゃあ、儲ける算段より、使わん算段だわ!>>
 苦境を乗り切るには、まず節約しないといけない−ぎんさんは培った人生経験から、
こうアドバイスすることを忘れなかった。P100

 顔のしわは増えても、心のしわを生やしちゃ、世の中が面白のうなるでにゃあの。P116

 きんさんが亡くなってから、気力がぐんぐん衰えただがね。競争する相手がなくなって、
母の胸の中にぽかーんと穴が開くようになったのは、それからのことだったにゃあ。P136
 #民死党が自民党と同じになってから、国力がぐんぐん衰えただがね。

 4姉妹は知多四国八十八箇所霊場めぐりに100回近く出かけていた。P207

 私たちが高齢者の研究をしている中で、いちばん大切だと思うのは、積極的に外出すること。P208

posted by 凍死家 at 23:00| Comment(0) | 読書−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あえて反対する

本名:あえて暴力団排除に反対する
著者:辻井 喬(詩人)、西部 邁(評論家)、宮崎 学(作家)、下村 忠利(弁護士)
初版:2012年4月5日
発行:株式会社同時代社

 裁判の刑量では「ヤクザの罪は5割増・警察の罪は5割減」という実態がある。P17

 私は暴対法の改定による警察のねらいのひとつに、コンプライアンス利権の確保という意味が
あると思っているのです。P22

 本当にいま日本の中に、言論、思想、信仰、表現の自由はあるのだろうかと考えるのです。P32

 いずれにせよ日本という国は、本当にヘンチョコリンな奴らばっかりなんですね。
ヘンチョコリンな奴とは、急に大阪の「橋の下」から来た人だけじゃないんですよ。P58

 刑事弁護人が暴力団側の代理人になるということが、暴力団への利益供与になると
いわれる時代になるかもしれないと思いますね。P81

 暴対法は「暴力団」の規制から国民すべてを規制する法律として運用されることになるだろう。
これは、わたしたちに「治安維持法」の再来を含めた自由抑圧国家の成立を想起させる。P103
posted by 凍死家 at 21:00| Comment(0) | 読書−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

勝ち組が世界滅ぼす

本名:「勝ち組」が世界を滅ぼす
著者:丸山 半骨
初版:2006年9月20日
発行:株式会社第三書館

 読みやすくておもしろい本です。江戸時代の生活に戻ることが
国民の幸せが増すということでしょうか?
posted by 凍死家 at 21:00| Comment(0) | 読書−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする