2012年10月29日

ウソつきの対処法

 週刊朝日11月2日号には、大ウソつきへの対処法は、
正体を暴くな。認めて褒めてやれ。

 常習的なウソつきの人は常にその場しのぎだから
「全部ウソでした。ごめんなさい」とは言わない。P32

posted by 凍死家 at 23:00| Comment(0) | 読書−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

孫正義危機克服極意

本名:孫正義 危機克服の極意
初版:2012年6月20日
発行:株式会社光文社(新書585)

 本書はソフトバンクアカデミア特別講義の内容をもとに構成
されています。(2011年9月)

 第1部 孫正義 危機克服の極意 では、実際に過去にあった
事例を元に、どう対応すればよいかかの内容です。

 第2部 孫正義名言集 は、ツイッター、講義、対談、
記者発表からの発言から選んでいます。
posted by 凍死家 at 23:00| Comment(0) | 読書−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

はじめてのアメブロ

本名:はじめてのアメブロ入門 決定版
著者:月野 るな
初版:2012年7月1日
発行:株式会社秀和システム

 ブログを間違えました(笑)
 ちなみに アメーバブログにはKDDIが去年4月に
廃止された あしあと機能があります。


 ブログが読まれない・ふさわしくない特徴が書かれています。
  #ハム太郎・DQ9

 読まれるブログには主軸となるテーマがある。P21
  #このブログには主軸はありません。
posted by 凍死家 at 23:00| Comment(0) | 読書−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

在庫処分4

本名:日本で「正義」の話をしよう
著者:マイケル・サンデル
初版:2010年12月25日
出版:株式会社早川書房

 本書は2010年8月27日 アカデミーヒルズで行われた
第15回ハヤカワ国際フォーラム これからの「正義の」話をしよう
を本とDVDにしたものです。

 参加したくても参加できなかった方のためのDVDでしょうか。




本名:3.11に勝つ日本経済
著者:増田 悦佐
初版:2011年5月31日
出版:株式会社PHP研究所

 地震を契機にさらに外国が日本を陥れようとしていると書いています。
財務省と外国がIMFを利用して消費増税をたくらむこともあてはまるでしょう。
消費増税で税収が減ったことを忘れ、税収増になると思い込む厄人と一部政治家、
デフレがさらにすすみ日本経済をどん底に落ちることを期待する外国。

 日本という国が、トップが無能でもぼんくらでも全然問題ない。むしろ、
優秀なトップがいる国よりはるかに平和で豊かな社会を営むことができる。P34



本名:大震災後の日本経済
著者:野口 悠紀雄
初版:2011年5月12日
出版:ダイヤモンド社

 家庭の電力消費を抑えるためには40A以上の基本料を値上げすれば
よいと著者は言います。P77
 −−>私はクーラー使わないので、おそらく影響ありません。

 基礎年金国庫負担金から復興財源を捻出したことに、「あきれ果てて、
コメントもできない」P111
負担金引き上げ財源を確保していないことを著者は批判しています。P123
 −−>定率減税廃止が財源と忘れたのか本当に知らないのか、
    こんな論調ばかりであきれ果てて、コメントもできない。

 法人税減税はもともと必要なかったと指摘しています。赤字法人が7割、
各種減税で実効税率低下が理由です。P125〜132
 −−>小泉改革の成果です!!

 工場を西に、円高を甘受し、金融立国をめざすことが復興というのが
著者の言いたいことだと思うのですが、私の読解力を信用しないでください。


本名:3・11後の心を立て直す
著者:香山 リカ
初版:2011年7月20日
出版:KKベストセラーズ(新書333)

 この20年の市場万能主義による二者択一が社会を支配し、
それが地震による立ち直りを一層困難にしていると指摘します。

 二者択一を求める傾向は、現代の人たちに特有な「心の病気」と
考えられる。P14

 スーパーやコンビニの棚が空になったり、ティッシュペーパーの
1人1個までを見て、それだけでショックを受けて精神科の
診察室に駆け込んできた人を私も何人か診た。P68

 杜甫が読んだ五言律詩「春望」が、今の日本を予見した詩。
P138〜139

国破山河在 国破れて山河在り
 省略
白頭掻更短 白頭 掻けば更に短く
渾欲不勝簪 渾て簪に勝えざらんと欲す(すべてしんにたえ・・)

 二者択一は、自民か民主も同じです! どちらも同じですから!!


本名:節電・エコ生活50の知恵
著者:船瀬 俊介
初版:2011年6月30日
出版:株式会社徳間書店

冷感マフラーがあります。P34
 #これでハム太郎のマフラーちゃんも安心です。

使い捨てのアルカリ電池に充電ができることを初めて知りました。P76

クリーニング溶剤は発ガン物質。ドライクリーニングはやめましょう。P127



本名:脱電生活
著者:佐 光紀子
初版:2011年6月30日
出版:毎日出版社

 家庭での節電方法で、夏だけでなく冬の方法も書かれています。

 エアコン不使用の奥の手は、脱汗Tシャツを水でぬらして扇風機に
当たる。P27

 デスクトップパソコンよりノートパソコンのほうが消費電力は少ない。
電源長持ちソフトがあります。Granola。P62〜63


本名:これだけは知っておきたいオフィスの節電
著者:三角 治洋
初版:2011年7月20日
発行:日本経済新聞社

 会社での節電方法がいろいろと書かれています。



本名:節電の達人
著者:村井 哲之
初版:2011年7月30日
出版:朝日新聞出版(新書308)

 主に会社での節電と経費削減策がかかれています。節電は社員が協力しないと
効果があがりませんが、社員をクビにして役員は居座るような会社では
期待できないような気がします。

節電コラム 「官庁が率先して大幅節電しました!」の意味するものは?
 −>平成15年のことが書かれています。これはその年だけではないか、
   削減率23.6%は間違いと指摘しています。P76〜81

posted by 凍死家 at 11:00| Comment(0) | 読書−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

フーゾクの経済学

本名:新・フーゾクの経済学
著者:岩永 文夫
初版:2012年4月20日
発行:株式会社講談社(+α新書497−2c)

 著者が10年前にフーゾクの本をだしましたが、あまりにも変化したと書いています。
その間には、取締りでフーゾク街がなくなったところもあるという。

第1章 フーゾク業界激動の時代
第2章 21世紀の人気フーゾク
第3章 20世紀の王道フーゾク
第4章 進化するニューフーゾク
第5章 マニアックなフーゾク

 自分たちの政治スローガンが現実的に反映されないと見て取るや、失地回復の大衆受け
作戦として、向ける矛先をフーゾクに変えてお茶を濁そうとするのである。P38

 フーゾク各業の店のナンバーワンには、頭抜けた美人はあまりいない! どちらかというと、
ぽっちゃりした人好きのする容貌で、気立てのいいコにナンバーワン嬢は多い。P149
posted by 凍死家 at 23:00| Comment(0) | 読書−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする